仕事と介護の両立支援システム

Lyxis Care Assistant Tools

LCAT

仕事と介護の
両立に関する実態把握できてますか?

介護研修や制度はあっても、
従業員から使われない・人事へ相談しないなど
どの程度「仕事と介護の両立準備」が進んでいるのかは、実際には
とても見えづらいものです。

両立支援に
多くのリソースをさけない

施策の対応にリソースが割けない

介護の実態把握が
できていない

ひとりずつ丁寧に
対応する時間がとれない

どこまで踏み込んで
いいのか
わからない

LCATはあなたの会社の
組織の介護リスクを常に見える化します

定期的な実態調査により、組織の介護リスクを常に見える化。
いま必要な知識・アクションを精度高く継続的にお届けする、総合的な介護両立支援システムです。

わかりやすく
特別な知識は不要

1,000人〜規模も
対応

ケアが必要な
従業員を
スピーディに発見

従業員自ら
介護準備できる



従業員のかたへ

介護初動にかかる子供の負担日数、心理負担などの
従業員ひとりひとりの「介護の現在地」をわかりやすく判定

LCATアセスメントテスト
  • 手軽にテスト

    スマホでも
    PCでも

  • 現在地を把握

    個別診断で
    わかりやすく説明

  • 個別に対応

    制度や施策を
    状態別に誘導



人事のかたへ

仕事と介護の両立支援テストによるデータを元に
介護リスク状況別に従業員をセグメントモニタリング

LCAT人事向け管理画面
  • 自動で見える化

    組織全体の現状を
    定量的に把握

  • 個人をチェック

    ケアが必要な
    従業員を確認

  • 手軽におまかせ

    ファイルアップで
    かんたん実施

効率的に個別性の高い両立支援を実現

従業員の介護リスクの現在地を明らかにし、
各人に「介護と仕事の両立支援」を継続提供します。

1従業員個人の介護実態把握
ITを使った個別・効率的な継続啓蒙

アセスメントテスト

「介護の現在地」をわかりやすく判定

2組織全体の介護実態把握
ITを使った個別・効率的な継続啓蒙

人事向け管理画面

組織全体の介護タイプ分布の可視化

3コンテンツの個別提供
介護リスクの高い個人へアプローチ

タイプ別コンテンツ

介護に関する正しい知識を提供

介護の専門家・実務家が監修

酒井 穣

株式会社リクシス CSO

酒井 穣

慶應義塾大学理工学部卒。Tilburg大学経営学修士号(MBA)首席取得。商社にて新規事業開発に従事後、オランダの精密機器メーカーに光学系エンジニアとして転職し、オランダに約9年在住する。帰国後はフリービット株式会社(東証一部)の取締役(人事・長期戦略担当)を経て、独立。介護メディアKAIGO LAB編集長・主筆、新潟薬科大学・客員教授、KAIGO LAB SCHOOL学長なども兼任する。

飯塚 裕久

株式会社リクシス CCO

飯塚 裕久

東京医科歯科大学中退。ユアハウス弥生(小規模機能型住宅介護)所長。非営利特定活動法人もんじゅ代表理事、介護福祉、介護支援専門員。介護の現場で働く人たちが、課題を話し合い、解決を目指す「もんじゅミーティング」を主催。介護漫画「ヘルプマン!」(くさか里樹著)に登場する飛石亘(とびいしわたる)のモデルとしても有名。KAIGO LAB SCHOO副学長。

木場 猛

株式会社リクシス ケアクオリティーマネージャー

木場 猛

介護福祉士。東京大学文学部卒業。
2001年の在学中から現在まで10年以上、現場の介護職として在宅介護に携わる。
介護を続ける中で学んだことは、雨が降ったら傘をさすように困った時には当たり前に支えがある社会づくりの必要性。

お問い合わせ

詳細・トライアルはこちらからお問い合わせ下さい。

会社名
会社名を入力してください
ご担当者氏名
ご担当者氏名を入力してください
お問い合わせ内容
メールアドレス
メールアドレスを正しく入力してください
ウェブサイト
お問い合わせ内容を入力してください
プライバシーポリシーを確認してください